トップ >写真日記 > バーンロムサイ家庭菜園日記 ~その11~
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

バーンロムサイ家庭菜園日記 ~その11~

<9月30日>
2回目に植えたパックブンは、すくすくと順調に育ち、こんなに大きくなりました。

9月17日の様子 →→→

10日ちょっとでここまで立派に!

ポーティン三兄弟
(ポーティンは三人の名字)

写真大好きピーマイは、今はこのキメ顔がお気に入りらしく、ベンさんにちょっかいを出されても一切表情を崩しません。すごい!

<10月1日>
カー(生姜に似たハーブ)とクミン。これももう少ししたら土に植えます。

そして、図書館会議室で「お勉強」する3歳児コンビ、デーン&ノーベル。

10月から2人もナーサリーに行く予定です。10月は通常秋休みで、小中高校生は休みに入りますが、ナーサリーはサマースクールということで通うことができます。ピーマイがお姉さんとなって、2人をリードしてくれるでしょうか!?
<10月2日>
いよいよ2回目のパックブン収穫です。何をするにしてもここは人海戦術!

ゲン楽しそう(^^)

みんなでせっせと収穫

タイタンも収穫!

ピーマイも頑張ってます。

みんなが頑張って収穫している中、自らここに座って見学を決め込んでいるデーンとノーベル。

2人にも何か手伝わせろというベンさんの指示により、2人出動。

デーンに教えるネン

ノーベルに教えるゲン

しかし、ゲンはすぐにギブアップ。ニサー姉さんにバトンタッチ。

初め、パックブンを抜かせようとして
教えるも、まだ難しく、

ニサー姉さんが抜いたパックブンの根っこの土を
落とす係に任命されました。

その後、ずーっと土を振り続けていました。デーンは集中力がなくて、いつもきょろきょろしていますが、ノーベルはやりたくないことはやらないものの、一度やり始めると集中力が続きます。ノーベルが持ちやすいように少しずつ抜いて、持たせてあげるニサーの優しさも微笑ましい。

それにしても、すごい量がとれました!各グループごとにしばって計量します。

重いーーー

チームジンダー 5.6キロ

チームニサー 5.1キロ

チームアーパーイ 6.2キロ

ペット会長の畑も合わせると20キロ以上になりました。こんなに採れると思っていなかったので、みんなびっくり。

その後、食堂に持って行き、翌日食べるために根っこを取りました。

テーブルの上も、床もパックブンでいっぱい

それにしてもすごい量!!!

翌日、ルンさんとワーンさんがさらにきれいに洗って、空芯菜炒めを作ってくれました。

野菜が新鮮だし、無農薬、無化学肥料、なによりみんなで育てた空芯菜。いつもの数倍美味しく感じました。ホシハナヴィレッジ、縫製場のスタッフのお昼ごはんにもなりましたが、みんな美味しかったと言ってくれました。

山下曜子 | 2019/10/05(土)

前の写真日記:バーンロムサイ家庭菜園日記 ~その10~次の写真日記:プレ幼稚園に通い始めたデーンとノーベル

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.