トップ >写真日記 > オンライン授業 小学1年生の部
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

オンライン授業 小学1年生の部

今日は小学1年生を見学しました。
小学1年生は、ソーン、メーク、イムの3名です。

子どもたちの課題を見ると、何やら矢印の方向に線を書いたり、丸を書いたりしてます。

これは何の課題でしょうか?

実はこれ、タイ語の授業でした。一見、タイ語とは何の関係もなさそうなこの作業。
これがタイ文字なんですが、タイ文字の多くには、このように丸い部分があり、書き順としてはこの丸からスタートして、一筆に書いてしまいます。ですから、丸をきれいに描くこと、上から下へ、下から上へ線を引くことは、タイ文字を書く前の手のトレーニングとして大切な練習です。
日本語の文字は左から右へ、上から下へと決まっていますので、こういう文字はとても興味深いですね。

文字を練習している生徒に、オット先生が「もっと芸術的に」と指導していました。
日本語の国語の時間で、このような表現を聞いたことはありません。
タイ人は美しいものが大好きで、芸術や美に対する情熱、例えば何か作品を作ったり絵を描いたりする時のこだわりには、本当に驚かされます。
タイ文字も一つの芸術作品であり、文字だけではなく文章の作り方や、言葉の選び方もいかに美しいかが大切。
ここにも日本とタイの文化の違いを強く感じます。

さて、そんな芸術の才能にあふれた子どもたちの課題を見てみましょう。

これは…自分の身体のパーツを絵にかきなさいという課題。
私:「(とんがり帽子?を指さして)この帽子の人は誰??」
ソーン:「鼻」 (鼻だったのか!?)

私も芸術がなんなのか語れる人間ではありませんが、大切なのは臆することなく表現する純粋さなのかもしれません。

岩田恵美子 | 2020/05/22(金)

前の写真日記:ワンプラ(วันพระ)

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.