トップ >写真日記 > アコーディオンコンサート
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

アコーディオンコンサート

1月18日、高知からアコーディオン奏者の坂野志麻さんがホームを訪問し、子どもたちのためにアコーディオンコンサートを開催してくださいました。これは、私の地元(高知)のお友達からのご縁で実現したもので、今回はその友達と志麻さんが一緒に来てくださり、私にとってもとても嬉しい訪問でした。

ドキドキしながら待つ子どもたち

さっそく演奏開始

初めて見るアコーディオンに興味津々の子どもたち。初めは緊張して固まっていた子どもたちに、志麻さんがアコーディオンを触らせてくれました。

みんな我先にと飛びついていく。

後ろから人を乗り越えて触るタイタン

デーンも

メーも好奇心旺盛

「右手の鍵盤は41、左手のボタンは120もあるんだよ!しかも、左手は見えないからね。アコーディオンは、空気がないと音が出ないんだよ。小さい音を出したい時は優しく、大きい音を出したいときは強く…」と子どもたちにも分かりやすいようにアコーディオンの説明をしてくれました。

最初は緊張気味だった子どもたちもだんだんと笑顔に。

子どもたちがのってきたところに「不思議なノート」の登場!
「最初は真っ白なノート。そのノートに音を聞かせると絵が出てくるよー。では、みんなで手をたたいて、音を聞かせてみよう!せーの!」 ぱんっ!

なんとそこには絵が。子どもたちはびっくりして、「どうして?どうして?」と身を乗り出します。

驚いた表情の子どもたち

不思議なノート

「もう一回手をたたくと色がつくよ。もう一回、せーの!」 ぱんっ!

すると、なんとなんとさっきまで白黒だった絵に色が付きました。

これには子どもたちも驚き。でも、ノートを振ると、色も絵も全部消えて、元の真っ白なノートに戻りました。不思議でならない子どもたちは、まだノートから目が離せません。子どもたちからのリクエストで、もう一度手品を披露していただきました。

志麻さんは、この日のためにタイの曲も練習してきてくださっていました。
タオゴーイ(เต่างอย)という曲は、子どもたちはどういう反応かな?と思って見ていたら、意外と一番盛り上がったかも!?

エークがノリノリで歌っていました。

ご自身で起こした譜面を見て演奏する志麻さん

エークが真顔で、でもノリノリで歌っていて、後ろにいたジンダーもレックさんも笑いがこらえられませんでした。

それから「幸せなら手をたたこう」をみんなで踊りました。
♪幸せならほっぺたたこうー♪のポーズをした時の子どもたちの可愛いこと!

右に写っているマイは特にノリノリ♪

日本語で歌いましたが、音楽は世界の共通言語。

そして、最後の最後は、みんなお得意のフォン・テーロンマー(ฝนเทลงมา)。クリスマス会や、その他の機会にも子どもたちが踊っているあの曲です。

アコーディオンの演奏と子どもたちのダンスのコラボレーション。最高に楽しい時間となりました。
https://www.facebook.com/banromsai/videos/180576953051628/

志麻さん、ありがとうございました!

山下曜子 | 2020/01/20(月)

前の写真日記:バーンロムサイ家庭菜園日記 ~その14~次の写真日記:1月のバースデイガール&バースデイボーイ

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.