トップ >写真日記 > 頼りになります!
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

頼りになります!

毎年のことですが、オフィスに蜂が来ます。次の家を探しているのだそうですが、だいたいオフィスの棚に巣作りを始めたころ、追いだされてしまっていました。しかし今年は、かなりの数が一緒に家探しをしていたようで、スタッフのノイさんの机や私の机、いつもの棚のあたりは、蜂の大群で黒ずんでいました。蚊柱ならぬ蜂柱・・。

黒い粒々が蜂。

早速チャイさんとトン君に「助けて~!!」と連絡。そしてチャイさんが持って来たのはお線香。これで焚きだして蜂を外に出すのだそうです。効果てき面!殺虫剤を使わずに、蜂を殺す事もなく、一件落着。死骸の掃除を覚悟していたノイさんは、胸をなでおろしていました。引越し先は、なるべくホームの外の木などを選んで欲しいです、次からは・・。

どこか壊れたり、虫が出たり、とにかく何か事が起こると「チャイさ~ん!」「トンく~ん!」とすぐにSOS。そして彼らは生粋のナンプーレー村の人。どんな緊急事態でも決して慌てることなく「マイペンラーイ!(大丈夫)」と言いながら、自然のものを使ったり小さい頃からの培われた知恵を使って解決してくれる、誰よりも頼りになる人たちなのです。
さて、この蜂事件の日の夕方、仕事を終えた大工さんたちは気がついたら木に登っていました。パックフアットゥという葉をとっているのです。この季節必ずこの木に登ってとる葉は、スープに入れても良し、蒸してからひき肉と炒めてもよし、あまり癖がなく美味しいのです。今週の日曜日、北タイの母の味ならこの人!という保母のティムさんが、この葉を使って、もち米と一緒に食べたら美味しいという一品を作ってくれるそうなので、楽しみです!!!

寄り

引き(かなり高いです!)

パックフアットゥ収穫!

麻生 賀津子 | 2011/11/17(木)

前の写真日記:「1962年9月 デザイン学校に入学」次の写真日記:ゲストハウスから「プール号」で、いざハンドン!

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.