トップ >写真日記 > メーヒヤ市場
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

メーヒヤ市場

明日からもう3月。本当にあっという間に一ヶ月が過ぎます。

日本もタイも明日から水際対策が緩和されるとはいえ、タイの感染者数はまだまだ多く、結局ナムプレー村の学校は開校しないまま、長い夏休みに入ることになりそうです。

簡単に感染するオミクロン株の性質を考えると、今まで以上に子どもたちの所へ行くことが憚られ、もうしばらく我慢です。

ということで、今回は、市場のお話しを。

バーンロムサイはチェンマイのハンドン郡にあります。
そこにはハンドン市場という馴染みの市場があるのですが、市内に用事があって帰るときはハンドン市場は遠回りになるので、丁度帰り道に寄る事ができるメーヒヤ市場を利用することが多いのです。

ここは、ハンドンより大きく、銀行やビザ用写真、薬局はもちろん、すぐ横に小型のロータスというスーパーや、ちょっと高級で日本の調味料も手に入るリンピンスーパーマーケットもあるので、一回で殆どの用事を済ますことが出来る、とても便利な場所なのです。

市内からバーンロムサイに向かう運河沿いの道にあります。

最近ロゴを変えてちょっとオシャレに?なった
ロータス。

ワインや日本食材も揃う、リンピンスーパー。

敷地内には移動式床屋さんが。
結構いつもお客さんがいます。

美味しいコーヒーが飲めるカフェも。

木曜日から日曜日だけ。
ここのフムスやピタサンドは美味。

市場の外回りにも、見るだけで楽しいタイの日用品売り場があります。

七輪やムーガタ鍋も。
結構欲しくなるものたくさん。

お寺にお参りにゆく時の、タンブンセット「サンカターン」も豊富に揃っています。

メーヒヤ市場は、出入口を1つに絞って体温測定をしてから入るようにしていて、他の市場より厳しく感染対策をしている気がします。

やはり市場内でクラスター発生→閉鎖となると、商売をしている人たち、そこで購入して商売をする人たち、野菜などを卸す人たちの生活も辛くなるので、1日マスクを付けての労働は大変かと思いますが、みなさん頑張っています。
暑い時は特に大変!

出入口一ヶ所で徹底。

カラフルなお菓子。

豚皮の素揚げ ケープムー。
ここの市場のは美味しいと評判。

タイ北部惣菜専門店。
家庭の味です。

もち米を買わずにいられない。
ナムプリック(ディップ)も豊富。

チェンマイの野菜は新鮮です!

一般的タイ料理や南タイ料理のお惣菜屋さんも。

タイ人は揚げ物が大好き。

週末は行列ができる
チェンマイソーセージのお店。
ハーブが絶妙。
バンコクからわざわざ買いに来る人も。

焼き鳥の下には猫。

コマゴマとした調味料も豊富。

入口近くには、最近二階建てのセブンイレブンがドーーンと建ちました。
道路挟んで反対側にもセブンイレブン。
セブンイレブン、乱立しています。

hoshihana villageに滞在している時。

まずはプール号で地元のハンドン市場は是非!

そしてもう1つの市場の楽しみ方。
遅い時間でなければ空港からホシハナへ向かう途中にちょっと寄ったり、滞在中に市内へ遊びに行った帰り道に寄ったり、場所的に便利なメーヒヤ市場。

初めての方でもリピーターの方でも、そして住人にとっても、満足度の高いメーヒヤ市場のご紹介でした。

| 2022/02/28(月)

前の写真日記:乾季から暑季へ、、、次の写真日記:イム、タイタン、ピーマイ の新しい生活

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.