トップ >写真日記 > 3人のテンモー
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

3人のテンモー

タイ人は本名とは別に皆、ニックネームを持っています。その中でテンモー(スイカという意味)は良く聞くニックネームで、バーンロムサイでも先日新しく入って来たテンモーを入れて3人目となりました。

テンモー 1
すでに卒園、来月22歳になるテンモーは飲食店で働いています。昨年体調を崩して連絡をしてきて以来、頻繁ではありませんが何かあると来るようになりました。具合の悪い時はエイズ発症かと思うほど痩せてしまっていましたが医者に行き、快復。もともと体力のあるテンモーは、バイクの事故で2回の開頭手術、生死の境をさまよったのが信じられないくらい現在元気にしています。

テンモー 2
今までヌックニックとともに一番小さい組に入っていたサーサーの妹テンモーは、新しいテンモーが入って来て突然名前が「モー」あるいは「モーモー」にしましょう、と言われました。ただ本人は「私がピーテンモー(テンモー姉さん)で、彼女はノンテンモー(妹テンモー)」と名前の変更の事はあまり気にしていなくて、テンモーお姉さんになったことを喜んでいます。頭皮に湿疹ができて治療のため髪の毛を短く切ってからショートカットが板について似合っているピーテンモー。とても良くおしゃべりをするおませな女の子になりました。

幼稚園の宿題中?

テンモー 3
3歳。ホームに来たとたん、あれ?!誰かに似ていると思ったら卒園したガンニガに雰囲気が似ているのです。まだ性格も良く分からない状態ですが、良く笑う愛嬌のある顔が印象的。しかし今、かわいそうなことに湿疹がひどく、同時に手足口病にもなり入院中なのです。一日も早く元気になって退院して、良く笑い、良く食べて欲しいです。あのガンニガのように。

この目力に期待


『幼稚園学級閉鎖』

9日のこと。子どもたちが通う村の幼稚園で手足口病が流行り2週間の学級閉鎖となりました。午後早めに村の幼稚園組が家に戻り、すでに手足口病の症状のある子が殆どだということで、全員同じ部屋で他の子どもたちとは別の場所で寝て、食事をし、シャワーを浴びるという、保母さんやタイ人スタッフはテンヤワンヤの1日となりました。

保健所のお医者さんが各所をまわり、バーンロムサイへも来てくださり、家具などを消毒するもの、手洗いが大事なので石けんと消毒ジェルを配給。幼稚園にまだ行っていないエーとテンクワ−もチェックしてもらうと、すでに感染の兆候があらわれていました。

保健所や子どもたちの対応に大忙しのタイ人スタッフたち

保健所の先生がチェック中。手前はテンクワー、奥はエー

命に別状のない病気なのですが、子ども同士の感染率が高いので、これを機に手洗いやうがいなど基本的なケアをしっかり覚えて欲しいと思います。人手が足りない中、新人保母のミウ、そして今はスワイも保母として働き始め、学校がお休みのダーウも子どもたちのケアを手伝えるのは心強いし、助かるし、嬉しいことです! 

正式に保母となってがんばっているミウ

食事も急遽別の場所で

手にポチッと赤いものが出てきたり、口の中に口内炎のようなものが出来たりするのが最初の症状なのですが、何故か自慢げに見せに来ます・・・。まだ症状が殆どあらわれていない子は蚊に刺されたところを、「これではないのか?!」と聞きに来ていました。病気なんだけどね、、と思いつつ、へこんでしまうよりは良いかなと。早くみんな治って幼稚園に通えるようになりますように。おかげさまで症状も軽く、皆、元気に幼稚園をお休みしています。

『お知らせ その1』

日本ではバーンロムサイプロダクツの季節到来です! 各地でイベントを開催させて頂いていて、おかげさまで今年も多くの方に来て頂いています。
6月13日(土)から6月21日(日)まで 東京 六本木AXISビル3Fの サボア・ヴィーブルにて「banromsaiのさき織り展」を開催いたします。新しいさき織りサボはとても可愛くてはき心地も良いので是非お試しを!
サボアで販売している食器などを見るのもここでの展覧会の楽しみなのです。

詳細は下記のURLをご覧ください。

http://banromsai.jp/information/?page_id=247

サボア・ヴィーブル URL
http://savoir-vivre.co.jp/

『お知らせ その2』

毎年開催される元ボランティアスタッフ伊藤美和さんが主催するバーンロムサイへのボランティアツアー。現在はチェンマイ ナンプレー村在住の元ボランティアスタッフ夕子さんが現地コーディネーターとしてツアーを行っています。元ボランティアスタッフがいるからこそ出来る子どもたちとのふれあいが多いこのツアー。一緒に遊んだり、夕ご飯を作ったりなどなど、子どもたちも毎回このツアーで日本からのポーやメー(お父さんやお母さん)が来てくれるのを楽しみにしています。まだ参加可能ですので興味のある方、下記URLをご覧いただき、子どもたちに会いにいらしてください。

http://www.jeps.co.jp/tours/thai/ikiru.html
『お知らせ その3』

今年で4回目の開催となる、寺崎シータ由美子先生のヨガ・リトリート@チェンマイ。毎回hoshihana villageに滞在しながらヨガやマッサージの講習などなど充実の内容が盛りだくさん! でもシータ先生の人柄もあり、ここの空気に寄り添った穏やかな時間の流れのなかでゆったりと、自然と体が元気になってゆくリトリートです。
またマッサージやヨガレッスンでご利用頂いている「sala」。ここは昨年シータ先生が中心となって多くの方からのご寄付で建てていただいた多目的スペースです。気持ちの良い風がふき抜けるsalaでのヨガは最高です!
もちろん美味しいベジタリアン料理もご用意しています。
現地集合ですので、タイ国内他、日本以外の国からの参加も可能です。
詳細は下記URLをご覧ください。

http://yumikosita.blogspot.com/

麻生 賀津子 | 2015/06/10(水)

前の写真日記:ゴスペルシンガー市岡裕子さん来訪次の写真日記:鎌倉だより ~初夏を彩るアクセサリー~

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.