トップ >写真日記 > 外で暮らす子どもたちのこと
バーンロムサイって? | 代表 名取美和より | 団体について(基本情報) | バーンロムサイの活動 | これまでの活動の成果 | これからの目標と活動計画
ご支援ください | 子どもたちの紹介 | スタッフ紹介 | 写真日記 | 見学/訪問 | メディア掲載情報

外で暮らす子どもたちのこと

バーンロムサイでは18歳を過ぎた子どもたちはタイの法律でホームを卒園、外で暮らすことが原則となっています。決して順風満帆ではない卒園した子どもたちの事を具体的に書く機会がなく、どこかで皆さまにご報告をと思い実名で書き始めましたが、昨今の翻訳機能などの存在を思うと、彼らのプライバシーも守らねばならず、イニシャルにする子どもが居ることをご理解ください。

今年大学4年を卒業したピーダーウ。両親を亡くし預けられた先で虐待に遭い、同じ学校に通っていた縁で彼女はバーンロムサイで暮らすことになりました。自分の事を助けてくれた恩返しをバーンロムサイにしたいという気持ちをいつももっている彼女は、勉強も頑張るし、保父母のお手伝いも良くしていたので、体格の良い彼女を訪問者の方が保母さんと間違えることも・・・。外に暮らし始めても何かあればすぐに報告に来るし、遊びに来るし、また彼氏が出来れば嬉しそうに連れてくるし・・。そして研修期間を経て8月から正式に希望の銀行の職員となりました。これまた嬉しそうに報告に来るピーダーウはバーンロムサイに居る今の子どもたちの良いお手本となっています。努力すれば報われる・・。これから社会人として大変な日々と思いますが、彼女なら皆に好かれ、職場でもしっかり働くでしょう。

アームは、昨年12月の日本での展覧会でタイ古典舞踏を披露し、現在もタイ古典芸能の先生になるべく大学に通っています。しっかりしているので安心していますし、彼女の事を全部理解している彼もいるので、なんとかこのまま順調に進んでいって欲しいと思っています。

Nは猛勉強の末、希望の学科ではありませんでしたが念願の国立大学に入学したのが3年前。しかし入ってからが当然勉強も大学の行事も大変で、勉強が追い付かず、そのうち大学へ行くのがしんどくなり、今年の3月、3年生への進級が出来ず、大学を辞めました。小さい頃からいつも優秀な子として皆から可愛がられていた彼にとって大きな挫折を味わったことと思います。私たちも彼に期待しすぎたのかもしれません。そしてしばらく連絡が途絶えていましたが6月末ホームへやって来た彼は謝罪後、今まで勉強してきた日本語をどうしてももう一度勉強して、それを生かした仕事に就きたいと言って来ました。嬉しかったです。そして最後のチャンスです。これから日本語検定試験を受け、しっかり地に足を付け生きていって欲しいと思います。

Mは高校中退後、カフェで働き始め、食事作りを任されたりと成長著しいと思っていた矢先、先日辞めてしまいました。とても良い仕事環境で、また彼女もやりがいを持って働いていたのにとても残念です。人の厚意や忠告に対して真摯に受け止めようとしない、23歳になったにもかかわらずこのような彼女の言動に対して今、彼女が何かに気が付くまで手を差しのべず見守ることにしました。動物が大好きで気持ちの優しい子です。せっかくここまで一生懸命働いて来たのだから、彼女が成長するためにも、もう少しこのまま黙って見ています。

2005年の子どもたち

Tは高校中退後ゴルフ場で働いていましたが、体調を崩し保母に連絡をして来てすっかり痩せてしまった彼女をすぐ病院へ行かせました。Tはずっと薬を飲まずにいたのですが、やはりそろそろ飲み始めなければという忠告を以前受けていたにもかかわらず、主治医の所へ行かないで具合が悪くなってしまいました。検査結果は来月早々に出ますが、数値が悪ければ即治療開始です。まずは元気になってしっかり自己管理が出来るようになって欲しいと思います。


NとSは殆ど音沙汰がありません。しかし最近はスタッフのダムと連絡取りあっていたりして、とにかく中卒ではありますがチェンマイで働きながらなんとか食べて暮らしているようです。顔を見せにくればいいのに・・。あと子どもたち同士でフェイスブックやラインというものでつながっているようなので、そのように連絡を取り合っている子どもたちは小さい頃から一緒に育った兄弟姉妹のような感じなのかもしれません。

ポーンはチェンライの里親の元を離れ、高校卒業後自動車修理の勉強を専門的にするためにチェンライの技術専門短期大学へそのまま進学しました。一人暮らしを始め、技術が身に付いたら自分の故郷、ピサヌロークへ帰りそこで修理工場を開きたいのだそうです。あの泣き虫で頼りなかった彼が本当にしっかりした好青年に成長しました。

ゴイは現在本人の希望で一度国立孤児院へ戻り、そこからメイレックと同じ専門高校へ通っています。来年卒業したら彼女も独立です。以前はお菓子職人やパン屋さんになりたいと言っていましたが、今の夢は何でしょうか?久しぶりに会いたくなってきました。

幼い頃のゲン、ジンダー、ペン

こうしてバーンロムサイで長く暮らし、そして巣立って行った子どもたちは、それぞれに色々とありますが、彼らなりに必死に生きているのだと思います。学校へ通う3名の子どもたちへは学費と最低限の生活費支援を続け、もし高校卒業の資格を取りたいと思う子どもがいたら定時制高校に通うサポートもしたいと思っています。

バーンロムサイの外に出て暮し始めた頃は自由を謳歌し、楽しかったと思います。しかし自由は決して楽なものではないことも、同時に経験しています。外に出て自立してなんとか暮らしてゆければ、元気で楽しく生きていればそれで良い・・とは思いますが、やはり孤児や病気のハンディを背負い辛いことも多々あると思います。体調を崩したり、どうにもこうにも行き場を失った時にはいつでもバーンロムサイへ戻って来て、そしてまた新たな一歩を踏み出せるような場所でありたい、と実感する日々なのです。
****************************************
お知らせ

■hoshihana village でヨガリトリート 参加者募集のお知らせ

今年で3回目を迎える「YOGA 暮らしと知識のリトリート in タイ チェンマイ」。

寺崎Sita由美子先生(http://sivananda-kendram.jimdo.com)によるヨガリトリート、
2014年10月4日(土) 〜 13日(月)の日程で hoshihana village にて開催されます。

ヨガはもちろんのこと、ご宿泊、お食事もhoshihanaで。
hoshihana village の魅力もたっぷり味わっていただける内容となっています。


日程:2014年10月4日(土) 〜 13日(月)
   
場所:hoshihana village (Ban Rom Sai)タイ国チェンマイ

参加費:110, 000円 (現地迄の交通費は含まれません)
   ※コース代金に含まれるもの:お食事(2菜食/日)、お茶、
ヨーガ&レクチャー、タイ式フットマッサージコース  
    9泊分の宿泊日(相部屋)


たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。


ツアー詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから:
寺崎由美子先生のHP
http://sivananda-kendram.jimdo.com/海外リトリート/

hoshihana villageのHP:
http://www.hoshihana-village.com/
banromsai 写真日記の関連記事もぜひご覧ください:
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10474



■東京都/荻窪「Art+stellas器物家(アステラスどうぐや)」にてバーンロムサイ展が開催中!

8月22日(金)~30日(土)まで東京荻窪の「アステラスどうぐや」にて
今年もバーンロムサイ展を開催しています。

カレン族の村で染めてもらった藍染めの衣類や、少し秋を意識した色合いの衣類、
ちぢみガーゼのブランケットやオリジナルのアクセサリーなどをご紹介します。

JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅南口から徒歩5分です。
ぜひお越しくださいませ。

期間:8月22日(金)~30日(土)
定休日:木曜
時間:11:00~19:00
住所:〒167-0051 東京都杉並区荻窪 4-25-9
TEL:03-3393-4448
HP: http://news.artstellas-douguya.com/


■【年に一度のセール開催中!ランチもやってます!】
バーンロムサイ チェンマイショップではお客様への感謝の気持ちを込めて、8月 23 日(土)から 31 日(日)までの9日間、セールを開催しています。期間中はショップの雑貨や衣類を最大 80%オフの特別価格で提供します。今回のセールに登場するのは、バーンロムサイの定番として人気の高い着心地の良い衣類の他、ここでしか取り扱っていな い貴重なサンプル品、雑貨など気持ちのよいアイテムばかり。チェンマイの工房で想いを込めて仕上げた「手仕事」ならではの美しさ、心地よさを、ぜひ店頭で お試しください。日本人、タイ人、山岳民族によって丁寧につくられた上質な商品が、全品10%オフ〜最大 80%オフ です!期間中はバーンロムサイが運営するhoshihana villageのダイニング にて、ランチをご利用いただけます。もちもちの食感がくせになる大好評のタイヤイ麺のほか、ターおばさんのグリーンカレー、抹茶とあずきのかき氷などここでしか味わえない料理を準備してお待ちしております。 

※商品やランチの売上げは、HIV に母子感染した孤児らが暮らす施設バーンロムサイの運営費となります。

地図はこちら→
http://www.banromsai.jp/access_map/

facebookでも随時、情報をアップ予定です。
https://www.facebook.com/banromsai

みなさまのご来店、お待ちしております!


■大阪府/京橋「イタリアンカフェLuce」にてバーンロムサイ展が開催されます!


8月26日(火)~30日(土)、大阪・京橋のイタリアンカフェ
Luce(ルーチェ)にて、バーンロムサイの活動を紹介する展示会が行われます。

京都精華大学の学生さんがボランティアで企画してくださいました!
店内では写真などの展示のほか、さき織りバッグやチャリティベアの販売も
あります。どうぞ遊びに来てください!
(*入場は無料ですが、ワンオーダーをお願いします。)


京都精華大xイタリアンカフェLuce「バーンロムサイ展」
期間:8月26日(火)~8月30日(土)
時間:11:00~23:00
住所:大阪府大阪市都島区片町1-2-8 ビガーポリス130片町 1F
TEL:06-4801-8011
お店のHP: http://st-luce.net/

麻生 賀津子 | 2014/08/25(月)

前の写真日記:年に一度のセールを開催!ランチもやってます!次の写真日記:北タイ、ランナー気分で盛り上がる

写真日記一覧へ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1036
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.org
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.