トップ >メールマガジン > 2018年1月号

バーンロムサイ メールマガジン 2018年1月号

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::
::: みんなの生きるを支える
:::
::: B A N R O M S A I
:::
::: http://www.banromsai.jp/
:::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 2018.1.9:::::

…<今月のCONTENTS>……………………………………………………
■ バーンロムサイの絵本「ホシハナ文庫」創刊記念イベント開催について
■ 今月のコラム「バーンロムサイの新年」
■ 企画展・イベントのお知らせ 東京/青山
■ オンラインショップから「長財布」
■ hoshihana villageから
…………………………………………………………………………………

新年あけましておめでとうございます。
2018年もバーンロムサイをどうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ バーンロムサイの絵本「ホシハナ文庫」創刊記念イベントを開催します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会期:2018年2月3日(土)~2月12日(月・祝)
会場:銀座・伊東屋 G.Itoya B1 Inspiration Hall

このたびバーンロムサイ+art(プラスアート)の活動の一環として、
幅広く活躍する若手アーティストをチェンマイのhoshihana villageに招へいし、
周辺の豊かな自然やホームの子どもたちとの交感から、一冊の絵本をつくってもらう
「ホシハナ文庫」プロジェクトをはじめます。

記念すべき第1巻は、影絵師・川村亘平斎さんの「おそなえ きのみ」です。
「バーンロムサイ」の名の由来となったガジュマルの樹のまわりで、人と自然の交わり、
いのちの不思議が影絵で表現された、素敵な絵本が刷り上がりました。

本展では「おそなえ きのみ」の展示販売とともに、
川村さんによる影絵の公演、子ども向けワークショップもおこないます。

バーンロムサイのプロダクツも展示販売いたします。
ぜひお誘いあわせのうえ、遊びにいらしてください!

イベントの詳細はこちらよりご覧ください:
https://www.banromsai.jp/information/?page_id=427

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今月のコラム「バーンロムサイの新年」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バーンロムサイでは、子どもたち全員そろって元気に新しい年を迎えることができました。
タイは4月がお正月(ソンクラーン)なので、年末年始、日本にいる時ほど「お正月」を感じ
ることはありませんが、カウントダウンイベントやコンサートなど、新年に関連する様々な
イベントが各地で開催されています。チェンマイでも、カウントダウンイベントや新年に合わせ
てのコムローイが行われていました。バーンロムサイのあるナンプレー村では、そのような
大きな催し物はありませんが、近所で大音量のカラオケ大会があったり、お寺から読経の声
が聞こえてきたり、爆竹・花火の音に驚いたり、タイならではの新年の風情を楽しむ?ことが
できました。

12月31日には、大きい子どもたち主催のパーティーがあり、ホームで新年のお祝いをしま
した。大きい子たちが保母さんと協力して、ソムタム(パパイヤサラダ)、フライドチキン、
フライドポテトを作り、夕方食堂に集まって皆で食べました。プレゼント交換もし、小さい子た
ちは大興奮。大きい子たちは、協力してよく準備していて感心しました。盛大なパーティーで
なくても、家族そろって楽しく食卓を囲み新年を迎える。ささやかながらも、微笑ましい光景
でした。

こうして皆が元気に新年を迎えられるのも、バーンロムサイを支えてくださる多くの皆さまの
おかげです。メルマガ読者の皆さまにも改めて感謝申し上げます。2018年も皆さまにとっ
て、幸多き年でありますようお祈りいたします。バーンロムサイでも、子どもたちと共に、日常
のささやかな出来事に幸せを感じ、皆が健康で楽しく過ごせるような一年にしたいと思いま
す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企画展・イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●東京/青山 美味しい水曜日
青山のPR BARにて、毎回様々なテーマでトークとお料理を提供しているイベント「美味し
い水曜日」に、ゲストスピーカーとしてNPO代表の名取美穂をお招きいただきました。料理
家の遠藤千恵さんによる美味しい北タイ料理も味わえるこの機会に、皆様ぜひご参加くだ
さい。

日時:1月17日(水)19時30分~
場所:PR BAR 東京都港区北青山2-12-35
参加費:4000円(料理代含む)ドリンクは別途ご注文ください。
お申し込みは下記より:
https://goo.gl/forms/4Bw4OfHKTDNJzzPp1

※ 当日のキャンセルは参加費100%を後日お支払いいただく形になります。予めご了解
ください。
facebook:https://www.facebook.com/events/179672686109885/

■当日のメニュー:(美味しい水曜日&tiesコラボレーションディナー)
チェンマイ風ドレッシングのサラダ
生野菜のナムプリックキン ディップ添え
彩り人参のジンジャーのピリ辛干し納豆風味のソテー
バイマックルーとじゃがいものフリット
ムーヤン(タイ風焼き豚)
自家製ペーストのグリーンカレー
カオニャオ(タイもち米)
ファックトーンアップチー(南瓜のココナッツミルク煮デザート)

バーンロムサイの企画展・イベント情報は随時こちらでお知らせしています。
→ http://www.banromsai.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ オンラインショップから「長財布」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年を機に、新しいお財布を使い始めるのはいかがでしょうか。オンラインショップからは
バーンロムサイオリジナルの「古布長財布」「さき織り長財布」をおすすめします。

古布長財布は、タイ山岳民族の衣装や、インド、アフリカなどから旅してきた古布をリメイク
して作っています。細かな手刺繍が施された古い布を丁寧にほどき、洗ったうえで、また縫
い合わせたり、さらにビーズなどを加えたり。小さな端切れも大切に、可能な限りに布をいか
して財布に仕立てます。

さき織り長財布には、バーンロムサイの縫製場から出る残り布を裂き、つなぎ合わせて作る
「リボン」を織り上げた「さき織り」生地を使っています。リボンの材料となる残布はその時々
によって異なるので、お財布のデザインや色はすべて一点ものになります。

作るのに手間がかかるため入荷数が少なく、オンラインショップのページではすぐに売り切
れてしまうことも多いお財布。どれも個性的でかわいく、使うほどに愛着がわいてきます。

ぜひ、オンラインショップの「財布・ポーチ」のページでお気に入りを見つけてください。
http://www.banromsai-shop.com/?mode=cate&cbid=1919683&csid=0

オンラインショップはこちらです。
http://www.banromsai-shop.com

SNSにも情報を随時アップしています。ぜひご覧ください。
twitter https://twitter.com/banromsai
facebook https://www.facebook.com/banromsaishop/
instagram https://www.instagram.com/banromsai/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コテージリゾートhoshihana villageから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年はタイの暦では2561年となるそうです。
12月は大きな寒波(?)の影響でとっても寒い日が続いたり、雨が降ったり。
気温も10℃を切っていたので、こんなに寒い日もあるのかとびっくりしてしまいましたが、
年末から少しずつ暖かくなってきて、昨日くらいからプールに賑やかさが戻っていました。
滞在を予定されている方はお天気次第でプールも楽しんでいただけますよ!

【新しいコテージのお知らせです】
1/15(月)より新しいコテージの予約受付を開始いたします。コテージ名は「ウホウハウス」
です。詳しくはHP上にて発表いたしますので、もうしばらくお待ちください!

【ホシハナヴィレッジの予約状況】
旧正月の2/16ころまでたくさんのご予約をいただいておりますが、まだ空室もございます
のでお気軽にお問い合わせください。

空室はこちらのカレンダーからチェックしていただけます。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/ASPY0000calendaronly.asp?cod1=78620&cod2=001&lnk=on

hoshihana lunch → 土・日曜日のみ営業(営業時間 12:00 - 13:30ラストオーダー)
hoshihana shop →バーンロムサイ商品を販売しています。
毎日営業(営業時間9:00 – 17:00)

hoshihana village website → http://www.hoshihana-village.com/

hoshihana village facebook → http://www.facebook.com/hoshihanavillage
 
*hoshihana villageはバーンロムサイが、ご寄付としていただいたコテージを利用し運営
しているゲストハウスです*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 写真日記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バーンロムサイホームページでは、子どもの日常を中心とした写真付きの日記を掲載して
います。ぜひこちらよりご覧ください!
http://www.banromsai.jp/photo_diary/

… バーンロムサイとは ………………………………………………………

バーンロムサイはタイ語で「ガジュマルの木の下の家」という意味。
1999年12月にHIVに母子感染した孤児たちの生活施設としてタイ北部チェンマイ郊外
に設立されました。開設19年目の現在、エイズ孤児や親と生活できない18歳までの子ど
も達29名が暮らしています。

□詳しくは → http://www.banromsai.jp/whats/

***バーンロムサイの企画展、ネットショップ、および鎌倉店で商品をお買い上げいただいた
利益や、ゲストハウスをご利用いただいた利益は、バーンロムサイの子どもたちのために
使わせていただいております。

バーンロムサイのfacebook:
children's home: https://www.facebook.com/banromsai
products: https://www.facebook.com/banromsaishop
hoshihana: http://www.facebook.com/hoshihanavillage

…………………………………………………………………………………

=====================================================
■ 編集/発行 バーンロムサイ http://www.banromsai.jp/

■ 登録/解除はこちらより:https://banromsai.heteml.jp/ssl/mail_magazine.cgi

このメールマガジンは、配信専用のアドレスで配信されています。
このメールにご返信いただいても、返信内容の確認およびご返答ができません。
あらかじめご了承ください。

バーンロムサイへのお問合せは、下記メールアドレスまでお願いします。
E-mail : info@banromsai.jp
=====================================================

バックナンバー リストへ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山7-3-32
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.jp
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.